貸事務所を借りるのに必要な手続きとは


貸事務所を借りるとき、どのような手続きが必要になるのでしょうか。

住居としてのマンションを借りる場合でも同様ですが、本人確認のための印鑑証明と実印が必要になります。個人で契約する場合は住民票、会社として借りる場合には商業登記簿謄本を提出します。また、連帯保証人も必要になってきます。関係者ではなくまったくの第三者を保証人としなければならない場合もありますので、あらかじめ手配をしておくのがいいでしょう。

また、きちんと支払ってもらえるのかを貸す側が確認するために、決算書を要求されます。これは双方にきちんと契約を履行する能力と責任感があるかを確かめることでもあるので、決算書を求められないところには注意しましょう。

契約方法も、定期借家契約と通常の賃貸借契約があります。世の情勢で賃料が変化することがあり定期で契約するとその場合損得が発生しますが、二年ごとの更新料を払わなくてもいいというメリットもあります。利用形態に合った契約を選びましょう。

カテゴリー: 貸事務所の手続き パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります