池袋の貸事務所の立地の特徴とは


池袋に事務所を借りたいという方は多いと思います。では、池袋の立地の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

池袋は人の行き来が多く会社や店の多い地域です。建物の数は9000棟以上、この中で貸事務所、貸店舗の募集が想定される貸ビルは、2000棟以上と言われています。テナントを募集しているビルはその内のすべてというわけにはいきませんが、それでも相当数あることになります。

池袋は駅の東口のエリアと西口のエリアで特徴が分かれていて、東口エリアは商業・行政、西口エリアは大学や劇場のある区域となっています。飲食店の集まる場所は両エリアにそれぞれあります。

商業・行政エリアは駅とサンシャインシティを結ぶサンシャイン60通りが一番人の通りが多く、他の通りの四倍あるといわれています。他東口エリアではサンシャイン通り・明治通り、西口エリアではアゼリア通り・劇場通りの歩行者が多くなっています。

どんな事務所を開設するのかという目的に添って、それに合ったエリアで物件を探すのが大事です。

池袋で貸事務所をお探しですか?

池袋で貸事務所を探す『西武通信不動産』
池袋で貸事務所を探す『西武通信不動産』「西部通信株式会社」では、池袋・新宿地域を中心にして貸事務所・貸店舗・賃貸オフィス・賃貸事務所のご相談を承っております。希望の条件を登録すれば、無料で物件情報をメールでお知らせします。未公開・退去予定物件に関する情報も満載です。
カテゴリー: 貸事務所を借りる時の注意点 パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります