マンションで貸事務所を借りる時の注意点とは


貸事務所と一口に言っても、店舗やオフィスビルでの物件だけではありません。マンションで事務所を借りる場合も当然想定されてきます。そんなときは、どこに気をつければいいのでしょうか。

マンションはもともと住居として設計されていますので、事務所に利用するためには差し支えが出てくるところがいくつかあります。まず、人材派遣・紹介業の事務所として使う場合は、最低限専有面積で20平米以上の物件でなければいけません。廊下や玄関、キッチンが面積に含まれなくなりますので、完全に事務所として使う面積がこれだけ必要になってきます。

また、契約書の使用目的欄に「事務所」と書いてある物件でなければ、事務所として使用できません。契約するときの名前も、法人として登録しなければなりません。そばに風俗店が多いと、認可が下りないのでそこにも注意が必要です。

他に、電話回線が2回線までしか使えなかったり、電気容量が最大60Aまでのところが多かったりというところで、確認が必要になってきます。

カテゴリー: 貸事務所を借りる時の注意点 パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります